読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
26歳、ふつうのOLがただ日常を記録するだけのブログ。

優柔不断のなれの果て

今日は朝からビッグイベント。

 

JILL STUART Beautyの限定品の予約日です。

 

可愛いなあ、欲しいなあと思っていて、JILLの公式LINEからの通知で今日が予約日であることを思い出し、スマホとPCの二刀流で予約を試みました。

 

無事、どちらのデバイスでもカートに入れることができ、一安心。

と、ここで持ち前の優柔不断を発揮します。

 

本当に必要なのか?

確かに可愛いが、買って使うのか?

今、それに8,100円かける余裕があるのか?

 

と・・・。

 

と言うのも、大学時代にJILLの限定品を全て買い揃えていた時期がありまして、

でも結局使わずに、ほとんど売ってしまったんですよね。

 

今回のセットでいえば、

アイシャドウはJILLのはどれもラメが強すぎて使いづらく好みじゃないし、

グロスは滅多に使わないし、

フェイスパウダーも手持ちのもの(ミラノコレクション)でじゅうぶんだし、

使うのはCCクリームとポーチくらいなもので。

 

でも「限定」とあの世界観に弱い私、

悩みに悩んだ末、よし!買ってしまおう!と決意してクレジットカード情報を入力したのですが、

「在庫切れです」

 

諦めがつきました。

(いや、諦めるしかないんだけど)

 

もともとそんなに化粧する方じゃないんです。

マナーとして最低限はしますが、濃いメイクが似合わないし好きじゃないんです。

 

先日、ヴィセのアイシャドウを買ったばっかりだし。

(1,500円くらいだったんだけど、それでもしばらく悩んでようやく購入。)

 

うん、買わなくて正解。

悩んでいるうちに売り切れてしまったという事は、今回のコフレとは運命じゃなかったんです、きっと。

欲しいものが手に入らなかったときは、そう思うようにしています。

 

逆に、諦めていたのに在庫が復活したりすると、運命だ!と感じて買ってしまうこともあります。

 

他にも欲しいものがいっぱいあるし、貯金もしたいし、

今回はきっと、これでよかったんだよね。